« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

望遠ニッポン見聞録

2013829boenjp  テルマエロマエのヤマザキマリのエッセイ。

 とてもおもしろい。
 早くに日本を飛び出して行った著者ならではの視点があって楽しい。
 僕自身は、どうにかなるさ、日本を飛び出よう、と言う感じは全然なかった。保守的で偏狭だったなあと思う。いまでもこれに書いてあるように、行かなくてもこうして本を読んだり、紀行テレビを見たりするとそれで満足してしまうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳とって、反応がにぶい

 サッカーをしていた。僕は珍しくキーパーだった。
 こちらから見て左、向こうの右サイドが鋭く切れ込んで来て、鋭い低いクロス。これをドンピシャでダイレクトでシュートされた。これがなんとクロスバーに直撃してはねた。あきれかえったことに、夢の中だってのに(^^;)僕が反応したのは2秒後(!)くらいなのだ。なさけない。妻に頭突きしたのは夢の中ではない。まいった。のは僕じゃないか、、、えらく怒られた。当然だ、すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4匹生き埋めに

2013825musi  どこに行ったかと思ったが、朝見たら2mくらい歩いていた!右の写真(クリックすれば拡大された鮮明な姿を見ることができます(^-^;)怒って角を出している。

 さすがに素手でさわる勇気がなくて、割り箸でつまんで生き埋めにした。その後夕方見たらまた、いた!生き埋め。さらにその後もう一匹と小さいやつも。4匹生き埋めにした。花が丸坊主になるわけだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芋虫はどこへ

2013824sem  昨日、花にでっかい芋虫がいた。芋虫と言っても派手な黒で、アゲハかなんかだろうか、5cm以上あったと思う。

 今、思いついて写真に撮ろうかと思ったのだが、昨日のひさしぶりの雨のせいか、いなくなってしまっている。どこに歩いて行ってしまったのだろう?あるいは大きかったし、もうさなぎにでもなっているのか。
 セミはもう10日くらい前のもので、アブラゼミ?。もう、ツクツクボウシの季節だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶり

 ひさしぶりにチェロ出した。自分で、乱暴に弾いているのであきれた。きっとずっとこう弾いて来たのだろう。これを機会に少し改められるかな?

 藤原真理は年に一度必ず1週間くらい楽器にさわらない期間を作るのだそうだ。そして初心に返ってリハビリするそうだ。
 岩城裕之も年に何度か休暇を取るとのこと。
 ぜんぜんレベルの違う話なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強制してないと言って強制する

 国旗掲揚と国歌斉唱について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述した実教出版を
けしからん、採択するな、と神奈川県教委が各校校長に言い、
結局すべての高校で他の教科書を採択したとのこと。
 強制なんかしてないもん、この教科書使うなんてひどい、違う教科書にして、と強制した。
 これこそが「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」たしかな証拠じゃないか。日の丸君が代と教科書とごっちゃにするな?そうだろうか、まさに本質的に同じ、まさに象徴的だと思う。






「神奈川教委採択せず 「国旗・国歌強制」記述の教科書」2013年8月21日 東京新聞

 国旗掲揚と国歌斉唱について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述した実教出版(東京)の高校日本史教科書の使用を希望した神奈川県立高校二十八校の全校長が、県教育委員会の再考要請を受けて、他の教科書に変更した問題で、県教委は二十日、各県立高校が来年度に使用する教科書を採択した。実教出版の教科書は希望校がなく、採択されなかった。県教委の介入で、各校が当初の希望教科書を断念する異例の結果となった。 
 県教委の具志堅幸司委員長は二十日、実教出版の教科書について「県教委の方針とは相いれない。それが全委員の意見だ。教科書採択の最終決定機関は県教委だ」と強調。再考要請についても「混乱を避ける意味では、非常にいい判断だった」と繰り返した。
 県教委が問題視した実教出版の「高校日本史A」と「高校日本史B」は、国旗掲揚と国歌斉唱について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述。県教委は国旗掲揚と国歌斉唱を「教職員の責務で強制ではない」とし、七月下旬、使用希望校の校長に再考を求めた。その際「実教出版の教科書が不採択となった場合、使用を希望していた学校名が明らかになることで、混乱が起きる可能性がある」と伝えた。
 実教出版の日本史教科書をめぐっては、東京都教委も「使用は適切でない」との見解を示し、大阪府教委も「一面的」と指摘している。
◆強制記述 誤りでない 文科省
 実教出版の高校日本史教科書は検定に合格している。文部科学省教科書課の事務担当者は、国旗掲揚と国歌斉唱について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」という記述について「職務命令であれば、強制力をもって指導することになる。『強制』の記述は誤りとは言えない」と指摘する。
 そもそも、検定でこの記述にするよう指導したのは、文科省だ。検定前は、国旗国歌法について「政府は国民に国旗掲揚、国歌斉唱を強制するものではないことを国会審議で明らかにした」と記し、続けて「しかし、現実はそうなっていない」と記述されていた。この部分を文科省が「説明不足」と指摘したため、実教出版が改めた。
 ただ、この担当者はどの教科書を使うかは「採択権者である県教委の判断」だとして、選考理由について「住民に説明責任を果たすべきだ」と求めた。 (新開浩)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013082102000114.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電動ドライヴァー賛

2013820drv  電動ドライヴァーが良いと言う噂は聞いていたが、すばらしくいい!これなくしてはもう生活できない。と言うほどでもないか。いやいや、なにもする気にならないな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

散乱

2013819sanran  引っ越した。まだまだ家の中はぐちゃぐちゃだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い

2013811nozen  昨日も暑かったが、今日も死ぬほど暑そうだ。

 ノウゼウンカズラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tシャツを捨てる

2013809yama  うちの次女は自閉症にしては、こだわりが強くなくてありがたいが、お気に入りのTシャツを捨てさせてくれない。もう大穴があいて、いや、もうすっかり文字通り千切れてズタボロで、穴のほうが面積が大きいくらいで、漫画で見るだけのような中世の乞食のようで、いや、障害児なのだ、親は虐待なんかしてませーん。世間に叫ばなければならないのだろうか。それでもこのTシャツが良いのだ。別のあたらしいのを、かわいいよーといくら勧めてもダメだ。どうしても捨てさせてくれない。

 それが昨日、「あな、あな」と言って、べつのTシャツを要求したらしい。あなが空いてるからこれじゃないTシャツくれ、と言うわけらしい。あなって、、、、もう半年も前からあいてる。どの穴がお前の言う穴なんだ?σー_ー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きっこのつぶやき

 ツイッターは登録している。ひとこともつぶやいてないが、何人かフォローして読んでいる。きっこの発言はほんとうにいつもいつも、そのとおりだ!と思っている。
 以下今日の、それも一部なのだが、引用する。

 何かと言えば「大胆な」という形容詞を好んで使う安倍晋三だけど、何よりも大胆なのは福島を置き去りにして平然と原発を推進できる「人命よりもカネ儲け」という姿勢だよ。

 
 

  さだまさしの「海は死にますか?山は死にますか?風はどうですか?空もそうですか?」っていう歌、今聴くと福島第一原発事故の歌のように思えてくる。

  おい安倍晋三!原チャリに給油しただけで650円って何のギャグだよ?この能無しが!

 
 アベノミクスのせいでレギュラーガソリンの全国平均がとうとう160円を突破しちゃったけど、民主党政権では「単価が160円を超えたらガソリン暫定税率の課税を停止する」って言ってたよね。あれ、どうなったの?

 
 
 ブログを更新しました!「福島を置き去りにして進める安倍政権の原発政策」→ http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2013/08/post-8749.html

 

   【速報】「福島第一原発の敷地内から放射能汚染水が海へ流出していた問題で、1日の流出量は約300トンであることがわかった」とのこと。

 
 福島第一原発の事故が収束のメドも立たないどころか完全にお手上げ状態なのに、よくもまあ「安全性を最優先して再稼動する」だの「国の責任で再稼動する」だの言えるよな、安倍晋三。まずは福島第一原発を「安全」な状態にして、事故の「責任」を取って、それから「安全」とか「責任」とか口にしろよ。

 
 
 安倍晋三は平和記念式典後の被爆者の代表団との面談でも今まで通りに「安全性を最優先して」とか「国の責任で」とかの枕詞を並べた上で今後も原発を推進していくと明言したけど、これらのセリフは福島第一原発の事故を収束させてから言え!って思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじさい

2013806ajisai  なんだか変な天気で、梅雨があけてからのほうが夕立など雨が多い。おどされた程は暑くないと思うが。明日から酷暑らしい。困ったもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家の草むしり

2013805  ほぼ毎週実家の母の所に行って、畑仕事(というか、草むしり)。草をむしったってなんの生産性もない。悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡辺明の奥さんのブログ

2013804wa  将棋の渡辺明の奥さんのブログが面白くてハマっている。http://inaw.exblog.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォルテピアノによるモーツァルト インマゼール

Photo  昔エアチェック(死語!)したテープとか、VHS(に音だけ入れていたのだ!)とか、ずいぶん捨てたが、一部はいまだに持っている。

 フォルテピアノがだいぶ復元されていた頃だろうか、1991年のNHKFM、インマゼール(Jos van Immerseel )のリサイタルのテープを取り込んでCDに焼いた。フォルテピアノの、倍音なのか、雑音なのかわからない、色のある音色が好きだ。チェンパロに近いとも言えるだろうか。音が少なくてもものを言っていると思う。雑誌の切り抜きも残っていて、インマゼールが、今ネットで検索して出てくる姿とあまりに違っていて笑ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »