« 暴動が起こるレベル | トップページ | バッハ Vn協奏曲イ短調 »

ベートーヴェン エグモント序曲

Beetegmont  所属する市民オケの定期。前プロはエグモント序曲だ。

 最初の2分音符のスタカートは、音価の3/4だそうだ。(半分では短すぎると言うこと)なるほど。
 Allegroの最初d線上で2をずらして24221とやっていたのだが、隣に聞かれて改めて考えると1でずらすものかなあ。いや、やってみると2でずらすほうがいいように思う。いや、単になれの問題か、、、
 昔教えてくれていたチェロのプロは、フィンガリングは個性があって、個人的なものだ、と言っていた。
 その後のsfpから。3434143、、、とやっているが、youtubeで見たN響の藤森亮一さんは344と4でずらしていた。

|

« 暴動が起こるレベル | トップページ | バッハ Vn協奏曲イ短調 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/53268290

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン エグモント序曲:

« 暴動が起こるレベル | トップページ | バッハ Vn協奏曲イ短調 »