« 週末だ。もう眠い。 | トップページ | 楽をしようとすると、苦労する。 »

楽譜係の仕事

2013z21gakh  オーケストラの楽譜係の一人なので、楽譜を団員のためにコピーした。パブリックドメインのものなので問題ない。
 それにしてもこの量。厚さが167mmもある。何枚コピーしたんだろう?


 たいへんだったが、いろいろ考えさせられた。
 楽譜係は、昔も数年やった。子どものことなどあり、放り出すようにやめて、去年からまた楽譜係をやっている。楽譜係でない時も誰かが係をやっているし、オーケストラの仕事は楽譜係だけじゃない。あたりまえだが、いろいろな係、ご苦労様です。(感謝が足りない。)
 だが、無駄なことをやっていることも感じた。
 これだけの量になったのには理由がある。例えば今回の曲は、フルートは2本、ピッコロが1本。3人分コピーすれば良さそうなものなのだが、これを3人の団員のために3セットコピーしたのだ。クラリネットは2本×4人分。アマチュアだし、誰かが練習を休むこともしょっちゅうある。その時は誰かが代わりに吹いたりするのだが、その時のためにもみんながセットで欲しいから、と言うのだ。だが、それはパート内でコピーすりゃあいいじゃないか。
 うちの団にチェロは8人いる。(こんなにチェロのいる団はそんなにないんじゃないか。えっへん。)オーケストラでは、弦は二人で楽譜を見ることになっているのだから、4セットコピーすれば良いようなもんだが、9セットコピーしたのだ。みんなが練習のために持ち、ボウイングを書いてみんなに回すためにもう1セット。ヴァイオリンは10人分…。これもパート内でかってにコピーすりゃあ良いじゃないか。
 つぎの総会で、コピーは1セットしかしない、後はかってにパートでコピーしてくれ、と言おうと思う。
 前の楽譜係が親切な面倒見が良い人だったから、こんなふうになったのだろう。だが、親切で仕事をたくさんすることは、公的には間違っているのだ。本当の(?)仕事だってそうで、仕事をむやみに請け負ってたくさんやれば、つぎの代も同じだけやらなければならなくなる。仕事を効率化して、楽にする。それこそがやらなければならない仕事の一部だと思う。

|

« 週末だ。もう眠い。 | トップページ | 楽をしようとすると、苦労する。 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/54334826

この記事へのトラックバック一覧です: 楽譜係の仕事:

« 週末だ。もう眠い。 | トップページ | 楽をしようとすると、苦労する。 »