« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

テレマン チェロソナタニ長調 TWV 41:D6

Televcant  テレマンのチェロソナタニ長調は、僕にも楽しめる数少ないオリジナルのチェロソナタだ。忠実な音楽の師に収められているせいだろう、昔から有名のようだ。(僕は何年か前まで知らなかったけれど。)1. Lento 2. Allegro 3. Largo [minore]  4.Allegro の4楽章。易しいと思うけれど、それでも楽しむには練習が必要だ(僕には)。IMSLPですべて手に入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮健司 講演会

 宇都宮健司の講演会を聞きに行った。
 面白かったし、知らなかったこともたくさんあった。
以下、レジュメ抜粋ごく一部と僕自身のメモ。
 全労働者の1/3が非正規労働者。年収200万円未満の労働者が1000万人を超えている。
 ドイツでは派遣社員の賃金は正社員より高いのだそうだ。なぜなら、正社員よりリスクが大きいのだから高い賃金をもらって当然だと言う考えだと言う。なるほど。
 日本では、260万を近く存在する失業者の2割程度しか失業保険を受給していないそうだ。諸外国では過半数、あるいは9割を超える受給率だと言う。
 2005年だかから、プライバシーがなんとかを理由に、高額納税者を発表しなくなってしまった。そのために高利貸が暴利をむさぼっていることがわからなくなってしまった。
 企業の内部留保は、この10年で1.5倍、約290兆円になっている。
 生活困窮者(ホームレスなども)に生活保護制度に関する広報をし、最低限の生活を保障するはずの役人が、むしろ生活保護費を削減しようとしかしていない。ホームレスにチラシを配っているのは高利貸だ。だから彼らにとって、高利貸しは身近な存在だ。
 兵庫県小野市の「福祉給付制度適正化条例」というのは、生活保護を受けている人がパチンコしていたら、パチンコしていると通報しなければならないというものだそうだ。
 日本は給付型の奨学金制度が貧弱だ。貸し付けの奨学金制度ばかりだが、それは世界的に見て、奨学金とは言えない。それはローンと言うのだ。
 何億円ももらっている企業のトップのほうが、庶民より税負担率が小さいのだそうだ。こんなバカな話があるだろうか。税金は金持ちから取れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なんらかの事情」岸本佐知子

2014223_nan  何かの書評で読んだのだったかな、図書館で借りて読んだ。笑った。北大路公子に似ているかな。途中からちょっと感じが変わって、違和感を感じた。

 表紙が白いからなのか、ピントがボケてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練りきり実習

2014208nkri  PTAの行事に、製菓の専門学校が無料(!)で講師を派遣してくれて、練りきりの実習をさせてもらった。材料を2日がかりで仕込んでくれたそうで、それを我々はただの粘度遊び。教えられるままに2種類作った。初めて作ったのだが、それらしくできて満足している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3Dプリンタで作ったオリジナルパズル

2014218puzl  すぐ遊べるオンラインパズルのはやしださんが、3Dプリンタを買ったそうで、それで作ったパズルを送ってくれた。オリジナルパズルの「はる」とひつじ通信 の夏木さんのパズル。
 すごい!楽しく遊び、みんなに見せびらかした。簡単なものと言えば簡単だが、ひねってある具合がとても良くて、ともかくすばらしい。
 どうやって作るのだろう?いくらするんだろう?(本体?ランニングコスト?)いろいろ聞いてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪再び

 金曜の午後からすごい勢いで降った雪は最大で50cmほど、夜中に雨になって土曜の朝には 3〜40cmくらいだったどろうか。ともかく土曜は雪かき以外何もできなかった。昼前に出て行くとご近所がまわり中雪かきしていて、2週連続の雪かき。3時間くらいはやったと思うのだが、ともかく年寄りにはきつい。次女はどうしても買い物に行きたくて200mくらいのコンビニまで妻と出かけたのだが、スタッドレスでも「大根おろし状態」は無理なようで、動けなくなって、押してもらって脱出したそうだ。冗談じゃない、遭難しなくてよかった。
 昨日の日曜日は晴れて暖かくなったので、だいぶ融けた。近所は雪かきしたおかげで問題ないが、数10m裏の車通りのある通りも朝は大根おろし状態だった。日曜になって、雪かきが出てきたのでだいぶ良くなって、それでも別のスーパーは昼でも駐車場が大根おろし状態。やはりスタッドレスで動かなくなってあせった。前に動かしたり、後ろにやったりしてどうにか脱出したが、本当に危ない。途中、県道も建物の北側は圧雪されていて、氷になっていて、日曜の午後だが、まだまだ危険だった。市民オケの練習は2週連続でなしになった。
 今日、月曜は自転車で通勤した。先週と同じように、だいたい融けていたり、車に飛ばされて?いて大丈夫だったが、市街に入るととたんにダメで、踏みつけられて凍っていて、非常に危険だった。道路を見ていると、近くの住民(の意識)がわかる。市街地はきっと年寄りばかりで、雪かきもままならないのだろう。アパートの北側が最悪で、まあ、そうだよなあ、アパートの住民が雪かきに出てきたりしないのだろう。個人商店の前は雪かきしてあるところもあるし、シャッターを開けてなさそうなところはもちろんコチコチだ。あそこの小料理屋の前は手付かずだ。やもめの女将かなにかがやってる店で、雪かきする男手はないのだろうか。ブスに違いない。美人女将なら客が競って雪かきするはずだ、などとろくでもないことを考えながら転ばぬよう、ゆっくり自転車をこいで、出勤した。雪かきの筋肉痛で背中が痛い。
 
 ずっと見てきて、ここ数年更新されなくなっていたあそびをせんとや というHPが再開されているのを発見し、驚き、喜んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2週連続の大雪

2014215snw  2週連続の大雪だ。たいへんなことになっている。雨に変わったのでこれからすこしでも融けて流れて欲しいのだが、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民意は反原発

2月11日 東京新聞 朝刊 の1面 2番めの記事として 都知事選「目先の経済追う 歴史的過ち」 東海村前村長が批判 と報じている。
 都知事選で脱原発を訴えた細川護熙(もりひろ)、宇都宮健児両氏が敗れたのを受けて、本紙の取材に「極めて残念。東京都民は目先の経済だけを追い、歴史的な大きな間違いを犯した」と強い口調で批判した。「都民は東京電力福島第一原発事故を忘れ、平和憲法の精神を壊そうとする安倍政権を支持した。東京が日本を駄目にしていく」とも述べた。
 と、あり、さらに、村上氏は都知事選では、同じく脱原発を訴えた宇都宮氏を「脱原発の正統派」としながらも、「好き勝手しようとする安倍政権の暴走にブレーキをかけるには、勝てなければ意味がない」と細川、小泉純一郎両氏の元首相連合を支援した。
 とも。(http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014021102000133.html)
 言っていることの基調はもっともだ。だが、宇都宮健児のほうがたくさん票を取っているのだ。そもそも彼のほうが先に立候補を表明している。細川のほうが、後出しで、しかも政策もはっきりせず、選挙戦をかき回して、反原発を負けにしたんじゃないか。
 東京新聞も東京新聞で「脱原発を訴えた細川護熙(もりひろ)、宇都宮健児両氏が敗れた」ってなんだよ、順番が逆じゃないか。けしからん。
 もっとも、いつもの選挙戦を考えれば、そう言われるのももっともな気もする。いつも共産党はかってに独自候補を立て、いつも票を割ってしまって、いつも惨敗している。こんなの政党の名に値しないと思う。
 今回宇都宮健児が細川護熙に勝ったのは大きな意味があると思う。これからなにか少し変わるだろうか。反原発の民意は改めて明らかになった。安倍晋三はまったく正義も誠意もなく、民意にも添わず、傲慢にことを進めている。今日のトップは「首相、立憲主義を否定」だ。(http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014021302000135.html)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏道の雪かきは近くの住民が

2014211snw  昨日朝、雪が凍結しているだろう。いっそのこと自転車で行こうかとても迷ったが、車で出勤。夕べチェインははずしておいた。
 いっそ自転車で、と言うのは、ノーマルタイヤで車を運転するのが怖いからだ。自分も危ないし、もらい事故が怖い。自転車のほうがリスク(万が一の経済的、精神的損失)が小さい。でも車で行った。
 うちの近くは雪かきしてあって快適、橋の上も融けていて問題なかった。町中にに入ってだんだんぼろが出てきた(?)。道路が凍り付いていて、非常に危険だった。自分ちの雪かきしたのだろう、雪をこともあろうに交差点に積んであって、ちょうど通りかかったスクールバスが曲がれなくて、ひどいことになっていた。さらにその先、曲がって、裏通りがさらにひどく、全然雪かきしてなくて、車で圧縮した氷が全面被っていて、雪国よりひどい。裏道はそこら辺の住人の雪かきにたいする意識を表している。ここら辺の住人は自分ちの駐車場しか雪かきしていない。非常に危険な思いをしながら、行った。通勤に倍くらいかかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

45年ぶりの大雪

2014209snw  テレビで言っているから、たぶん45年ぶりなのだろう。すごい大雪だ。40cmくらい積もったのではないか。夕べ夜中からは雨混じりだったようで、朝の見た目はずいぶん目減りした。少し雪かきしたが、重くてまいった。雪国出身が、このくらいで大騒ぎして、と言っていたが、条件が違うのだからしょうがない。これから日が出てどのくらい融けるのか、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒマラヤ岩塩

2014207salt  何年前にもらったものだろう。ヒマラヤ岩塩をとうとう使い切った。最初についていたおろしがねではいくらやったって使い切れるわけがない。ミルを買って、そのままでは使えないので、トンカチで砕いて使っていた。それがめんどくさいのだ。もういいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷道

2014205flr  昨日の雪は想定内(?)でたいしたことはなかったが、今朝は当然凍っている。大通りまで出れば大丈夫だろうけれど、どうしようかな。

 写真は日曜日のもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人を祝う会 県立特別支援

2014202sjn  昨日、日曜日、次女の卒業した県立特別支援校が成人を祝う会を開いてくれて、親子3人で参加して来た。2年前の卒業生のためにこんな会を開いてくれて、先生方も今の生徒だっているのに、日曜日に来てくれて、転勤された先生もたくさん参加してくれて、ありがたくて涙が出る。われわれ卒業生(と親)も2/3以上参加していただろうか。昔話も、近況報告も楽しく、うちの次女はなんだかなれきった場所で、わけもわからずはしゃいでいて、飛び出して踊りくるっていた。もちろんこんなにたくさん集まると言うのは、学校くらいしか帰属意識を強く持てる場がないと言うこともあるのだろう。それでも、ほんとうにありがたいことだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原子核崩壊のシミュレイション

2014201smu1  やっと、サイコロ1000個でなく、900個になったが、原子核崩壊のシミュレイションをおこなった。理論値とほんのちょっとズレて、でも本当に理論通り、確率通りにサイコロの目が出るので感心した。感心してもしょうがないのだが。
 サイコロは一袋1000個を購入したのだが、改めて数を数えたら、1000個でなく、1028個入っていた。1000個入ってないじゃないか、と言う苦情が絶対ないように3%多く入れてあるのだろう。数は数えず、重さで袋に入れているんじゃないだろうか。
 次女が行っている作業所では、せんべいを作っている。一袋80gなのだが、表示は80gで、入れるの時は電子計で82gか83gにしているのだ。こちらも3%増しだと言うことに気づいて、感心している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »