« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

西武線のイメージ戦略

 川越にはJRの他に、東武東上線と西武線が来ている。東上線の方が庶民的、西武線の方が都会的でスマートなイメージがある。これが僕にはどうにも気に入らない。欺瞞だとすら思う。
 東上線の方が、最近はずいぶんきれいな車両も使っているが、昔はオンボロなのを使っていたのだ。デザインもださかった。
 東上線の方が線路の立体交差をずっと進めている。踏切を立体交差にするには、ずいぶん金がかかることだと思うのだが、周辺道路の交通をスムーズにし、安全面でも多大な(コストに見合う)メリットがある。西武はどこも踏切で、あかずの踏切も多いようだ。
 知り合いが、西武の方が運賃が安いし、静かだみたいなことを言っていて頭に来てしまった。運賃はどこの会社もそんなに変わらないだろう。(国の基準があるはず)。安く見えるのは駅間距離が短いからじゃないか。駅間が短いからろくにスピードも出さず、静かに動くらしい。車両のモーターも非力なんじゃないか。それらを逆手に取って静かなイメージを作ってやがる。けしからん。池袋から川越には所沢経由で距離もあり、運賃だって実際高いじゃないか。それなのに、駅はたくさんあり、本川越なんて地の果てだ、というイメージを西武線利用者は持っているらしい。うーん、実にけしからん。(-_-メ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東武東上線を応援

2014627ask  一昨日の豪雨で、東武東上線の線路下が冠水したとのこと。東上線はなんだか事故続きだ。だが、少なくとも今回のことは東上線が踏切を減らし、立体交差を増やそうとしていることの証左だ。それに比べて近くの西武の方は、立体交差なんか作りゃあせず、踏切ばかりだ。東武を応援するぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄慰霊の日

 昨日は沖縄慰霊の日。
 沖縄では、ほんの2〜30年前まで、日の丸なんてほとんどまったく揚がらなかった。沖縄返還までじゃない、その後何十年もだ。
 当然だろう、日の丸の旗のもとに、とてつもない人たちが、殺され、あるいは殺せと命じられ、玉砕しろと手榴弾を渡されたりした。なかでも沖縄は特別虐げられ、ひどい目にあってきた。今もまだ虐げられていると言っていい状況だ。
 はっきり言って、日の丸も、星条旗や、他の旗と同じように、血塗られていると言っていいのじゃないか。少なくとも僕には無邪気に日の丸をあげ、君が代を歌う気分になれない。
 そう思う僕もサッカーWCを見て、日本を無条件で応援する。愛国心って日の丸を揚げることじゃなくて、そういうことじゃないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機械仕掛けの愛 業田良家

2014623gouda  知り合いに貸してもらった。なかなか面白い。とても読みやすい絵で、すぐ読める。

 著者はほかに「自虐の詩」などらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レモンにアゲハ

 庭にレモンを植えた。

 雨上がりに見てみたら、すべての枝にアゲハの幼虫がいた。すべて捕殺した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sinfonia Lahti Cello and Bass Ensemble BASSIC INSTINCTS - POPULAR WORKS FOR LOW STRINGS

Bassic_instincts_popular_works_for_  同僚が、チェロアンサンブルのCD知ってる?と貸してくれた。展覧会の絵とか、その他ポピュラーなもののオムニバス。なかなかきれいだ。
 展覧会の絵については言いたいことがある。冒頭の8分音符の所をスラーと言うかポルタメントで弾いているのだ。気に入らない。僕はリストのオーケストラ編曲すら気に入らないのだ。リストはトランペットに吹かせているのだが、スラーがかけてある。2014618muspic 原曲のピアノにスラーがついているからだろうとは思うのだが、ピアノのスラーと管楽器のスラー、あるいは弦楽器のポルタメントとは意味が違うのだ。ピアノのスラーは根本的に滑らかにスタッカートでなく弾くと言う意味しかない。ピアノにスラーなんかできないのだ。トランペットに吹かせるのに、スラーなんかつけさせちゃあいかん。たしか、マゼールだったかはスラーをつけないでトランペットに吹かせているはずだ。すごいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルチェッロ チャコーナ 作品2-12

2014616mrcr12  コレッリのヴァイオリンソナタ作品5の最後、12曲目がフォリアのように(?)、マルチェッロの作品2の最後はチャッコーナだ。それどころではない、コレッリの作品2の12曲目はまさにチャッコーナらしい。シャコンヌと書くと、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番の荘重なものを思い出してしまうが、チャッコーナは「ラテン」な、軽いものらしい。
 マルチェッロも、そう思って吹くとギターやタンバリンの音が聞こえてくる気がする。そんなに難しくないし、たまに吹くには良いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさに解釈改憲こそが

 バカ自民党の「まさに」安倍晋三がやろうとしている解釈改憲をすれば、まさに、国民の生命、自由、幸福追求の権利が根底から覆される恐れがある。


 以下東京新聞のサイトから

集団的自衛権 72年見解転換 行使3要件 自民提示

Pk2014061302100135_size0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本当に老人性難聴

 時間があったので、耳鼻科に行った。耳が聞こえなかったのと、頬骨のあたりにずっと鈍い痛みがあるのだ、それもついでにと言うか、関係があったらいやだなあと思って医者に行った。

 結果は、何もなし。レントゲン撮ったが、副鼻腔炎らしいものはない。耳は若い(いや、若くないが)のに聴こえなくなっている。高い音だけでなく、低い音も感度が落ちている。しかし、治療はしないし、治りません!と断言された。まいった。まいるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェロの取っ手の交換

2014610vca  もう何年使っているんだろう、チェロのケースの取っ手が取れてしまった。反対側がとれたのがすでに10年前のことなのだ。(→こちら )びっくりした。前と同じように東急ハンズで取っ手を購入 。 2014610vcb当時購入した先曲がりドライバー で、取り付けた。10年前の1回だけの経験なのに、それが生きているのがすごいと思ってしまった。ドライバーはとても役に立った。
 2014610vcc それにしても汚いケースだなあ。でも先の人生を考えると買い替える気になれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー くるみ割り人形 からアラビアの踊り

Tycnk  アラビアの踊りは終止伴奏で、疲れる。60回もやるgの連続。あたりまえのようにg線の解放とd線でやっていて、譜ヅラよりずっと難しいと思い続けてきた。オケの若い子が上はハーモニックスでいいんじゃないですかねえと言う。そうか!気づかなかった。いや、実に簡単なのだ。感心してしまった。自分が気づかなかったことにも。練習番号Cから、スタッカートがついているが、最初の音はもう少し長さが欲しいのだそうだ。前のフレーズと中身は同じなのだ。なるほど!こちらも何も考えてなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土曜日はネットで発言する日

 反原発(脱原発)金曜デモは今も続いている。(夕べは雨でなかったらしい)

 首相官邸前だけでなく、全国あちこちでやっているようだ。だが、なかなか参加したくても参加できない人、特に家庭持ちも多いだろう。「土曜日はネットで発言する日」として、ツイートしたり、メールしたりするのはどうだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民党はめちゃくちゃだ

 政治的なことを書くことが好きなわけじゃない、だが、自民党のやってることはあまりにもめちゃくちゃだ。
 自民党 and/or 安倍晋三のやってることは
・公約をまったく反古にして、TPPを進めている。しかも交渉の中身をまったく明らかにしない。
・原子力発電を推進し、海外にまで売ろうとしている。(国民の大半が原発に反対しているのは明らかなのに、あらゆる嘘を平気でつきながら、)
・憲法をむりやり変えようとし、 and/or 「解釈の変更」いう言葉で、憲法の精神をまったくないがしろにし、他人にも強いようとしている。
 (安倍は中国を念頭に「力による現状変更は決して許してはならない」と言ったそうだが、それは安倍にこそ向けられた言葉だ。もっとも中国もあまりにひどい。)
 (集団的自衛権ではない、安倍のやってることは「徒党的自衛権」だという東京新聞に感心した。特定秘密保護法も、実にひどい)
・税制を根本的に改悪しようとしている。その根本が、庶民から金をふんだくって、金持ち、大企業、政治家などのいなくてもいいやつらを得させるようにしている。
・カジノを作ろうとしたり、パチンコ屋を優遇して、やっぱり社会の底辺から金を巻き上げるような仕組みにしている。


 要するにどれもこれも社会の仕組みをめちゃくちゃにして、めちゃくちゃな世の中にしようとしているのだ、自民党に票を入れるやつらの気が知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「南京事件 虐殺の構造」秦 郁彦

20146nankin 「南京事件 虐殺の構造」秦 郁彦(はた いくひこ) 中公新書 1986
 南京事件のことを書いた基本書、という評価らしい。勉強になった。これもデータなどの出典をある程度示してあって、それが好感が持てる。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国王のスピーチ

2014601king  正月(!)にとっておいた「英国王のスピーチ」をやっと見た。とても面白くて感心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »