« 高原の朝(のよう) | トップページ | 住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち 川口マーン惠美 »

政権交代とは何だったのか 山口 二郎

2014901yamagt  今や政治、と言うことは生活の仕組みのこととほぼ同義だと思うのだが、政治に関してもっとも価値のある発言をしているのが、山口二郎だと思う。この本もとてもおもしろかった。
神野直彦の引用らしいが、
「財政赤字が増加するのは、失業や貧困の蔓延、地域社会の空洞化など社会の荒廃の表現である。より多くの人が働いて所得を得るならば、税収が増える一方で、生活保護など財政支援が縮小する。また、若い人々が家庭を築き、出生数が増えるならば、社会保障や財政の持続可能性を回復する基盤ができる。つまり、強い社会保障が他の二つを強くするという関係がある。」
 とある。
 安倍のやっていることは、まさにこの正反対、企業が不当にもうけるようにするだけで、このままでは社会は荒廃するだけだろう。

|

« 高原の朝(のよう) | トップページ | 住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち 川口マーン惠美 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/57250507

この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代とは何だったのか 山口 二郎:

« 高原の朝(のよう) | トップページ | 住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち 川口マーン惠美 »