« 水木しげる 総員玉砕せよ! | トップページ | ゆうべの月食の話 »

逝きし日本の面影 渡辺京二

2014x09yks  主に幕末維新の頃、日本に滞在した外国人の書いたものを素材にして、失われた日本の面影を案内するというもの。
 少なくとも僕はこういうものをほとんど目にしたことがなかったので、非常に新鮮で、とてもおもしろく読めた。19世紀中葉の欧米人が抱いた日本の印象は、この本の2章からの章名になっていて曰く「陽気な人びと」「簡素とゆたかさ」「親和と礼節」などなど。
 それは今の我々が抱いている印象とだいぶずれているが、根本的にはなるほどそうだったかもしれないというようなものだ。

|

« 水木しげる 総員玉砕せよ! | トップページ | ゆうべの月食の話 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/57619986

この記事へのトラックバック一覧です: 逝きし日本の面影 渡辺京二:

« 水木しげる 総員玉砕せよ! | トップページ | ゆうべの月食の話 »