« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

原発問題は民意を聞くかどうかという問題

 選挙だ。ともかく原発をなくすと明言している政党に入れよう。
 ともかく原発、と言うのはつまり原発そのものが問題なのではない。国民の総意を政治に反映させるかどうか、あるいは、一部の者の利益を確保し、不利益は国民全体に押しつけさせることをやめさせるかどうかと言う問題なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なにもしない3連休

 3連休は、こどもとノタノタしていた。(ま、いつもそうだけど)少しは楽器も弾いたかな。練習はろくにしてないけど。すきまに数独やった。数独はただ注意力の問題のような気がして、あまり好きじゃない(今も)が、すこしはおもしろみを感じられたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊の木 山上たつひこ原作 いがらしみきお作画

Htgnoki  もと同僚に借りた。すごい漫画だ。山上たつひこーいがらしみきおという組み合わせからしてすごいが、いがしみきおはSinkからほんとにすごいと思う。何を書いてもしょうがない。読んでみてくれと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍政権のやってきたことすべてに反対する!

 衆議院は解散だそうだ。まったくあきれかえった(社会、市民にとって、あるいは政治的にも)理由のない、自民党あるいは安倍晋三のみのためのかってな理由の解散だ。

 この間のやって来たことのほとんどすべてが間違っていると思う。
 自民党と公明党=創価学会がグルになって、国民をないがしろにすることだけをして来た。
 これだけのことがあったのに原発を推進している。
国民の多くが反対しているのに。 消費税は社会保障に使うとあれだけはっきり言っていたのに、実際はそうしていない。しかも肝心(?)の経済はさらに悪化している。増税は先延ばしすると言っているがそれでも増税に間違いない。増税というのは庶民にとってのみで、法人税は減税だというのだからあきれかえってものが言えない。
  TPPはあれだけ自民党は「TPPに絶対反対、阻止する」と公約していたのに、推進し、もっと問題なのは交渉過程を明らかにしていない。
  集団的自衛権、特定秘密法案など、国民はないがしろにする、かえって危険にさらす、不正義を推進している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬用歯磨き

 

2014y15hamgk_2 新しい歯磨きが無発泡なのだ。じつに物足りない。物足りないと感じると言うことは、なんというか、歯磨きって歯をきれいにするためと言うよりは、自己満足というか、口がさっぱりしたいだけなのね。もっとも僕自身は歯磨き粉はほんの少し(ふつうなら3mmとか)しかつけない。歯ブラシした後歯磨き粉の感じが残っているの嫌いで、何度もゆすいでしまう。そういう僕が物足りないのだからみんなもっと物足りないのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルイエ リコーダーソナタ作品1-1

Leie112  少しMIDIとかをいじりだした。ひさしぶりにルイエ作品1-1をMIDIカラオケで。昔どこかで手に入れたMIDIを掘り出して楽しく吹いた。2楽章はベーレンライターの装飾は気に入らない。何か考えなきゃあなあ。
 意外にネット上にないもので、2番以降のMIDI音源がない。リコーダーJPはすばらしくルイエをほぼ網羅している。すばらしいが、MIDIではないのでテンポなどがいじれないなあ。どうしようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙の争点

2014y14tkys  ここ何日か、自民党は解散させたいらしい。もうほんのちょっとすれば政府与党の破綻がさらにはっきりしてくるから、議席の目減りを最小限にしたいのだ、という話を聞いた。(安倍晋三はもうじきおなかが痛くなってしまうのだろう。)
 政治と言うか、政局と言うのか、ようするに政治の中身ではない話が1面トップで、その隣は原発を不当に優遇しようという経済産業省のこと。
 もし選挙なら、ともかく原発をなくすと明言している政党に入れよう。すべてはそれからだと思う。ともかく原発、と言うのはつまり原発そのものが問題なのではない。国民の総意を政治に反映させるかどうか、あるいは、一部の者の利益を確保し、不利益は国民全体に押しつけさせることをやめさせるかどうかと言う問題なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次女の物欲

 次女の作業所のやっているバザーは終わった。去年より売り上げが多かったそうで、ありがたいことだ。

2014y11nnsrsya  次女は実年齢20(!)なのだが、最近やっと精神年齢3歳くらいになったらしく、物欲が出て来たらしい。こんなおもちゃを買いたいのだ。給料(!)のなかから小遣いを設定してその範囲内で買うようにした。でもどうやら、金の概念はまだまだで、ぜんぜん何もわかっちゃあいないらしい。それはそれで問題は少なく、つまり「持ち金の範囲を越えたら買えない」のではなく「ダメと言われたら買えないらしい」らしいが、それはそれで納得しているので、泣いたり暴れたりするわけではないので、ありがたいことだ。もっといろいろわかってくるとかえって、金、あるいは給料がもっと欲しくなり、時に犯罪と結びついたり、葛藤が生まれたり、たいへんそうなのだ。親として、あるいは人として、幸せってなんなんだろうなどと、考え込んでしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議の国サウジアラビア 竹下節子

2014y10arabia  偶然手に取った本だが、おもしろい!

 サウジアラビアと言えば欧米との関係も深く、価値観も近いのだとかってに思っていたが、欧米との関係が深いのは石油だけらしく、その内実(ではなく、おおっぴらのようだが)は相当われわれの受け入れがたい価値観が支配しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »