« コリアンダー(パクチー、香菜)の芽 | トップページ | 初アゲハ »

サービスエリアでのできごと

2015504flw  昨日は次女の行っている作業所の親の会の旅行の(「の」の使い過ぎ(^^;))下見(と言ってもかってに下見)だと言って、でかけてきた。
 途中のSAの障害者用の駐車場に2台停まっていて、1台はかっこいい高そうな車だった。見るともなしに見ていたら、車椅子の30代だろうか男が帰って来て、ドアを開けたら、助手席にはパートナーだろうか、姉妹かわからないけれど、同じくらいの歳の女が中で待っていたらしい。買ってきた食べ物飲み物だろうか渡して、ゆっくりとした仕草で、車椅子を寄せ、両手で体を持ち上げ、運転席に移動した。車椅子はどうするのかと思っていたら、自分で引き寄せ、たたみ、右手で持ち上げ、左手も添え、自分の体の上をぐるーっと後部座席に持って行ってしまった。いつのまにシートを倒していたんだ?この間、隣の女は助手席からまったく出てこなかった。
 僕は、感動してしまった。つまりそれが「日常」だったからだ。彼にとってはごくあたりまえのことなのだろう。ああやっていつも出かけているんだろうなあ。パートナーが手伝うことすらない。(妻は「そりゃあ、ぜったい妹だね」と断言していた(^^)が。)車がかっこいい物で、僕は買わない(僕にとって自動車はそれだけの価値がない、いい車を買うのが趣味ではない)けれど、それもすばらしいと思ってしまった。世の中、豊かになっていることは確かだ。いい世の中だとも思う。何百台もの駐車場があるのに、身障者用はたった2台分と言うのは気に入らないが。
 うちも次女のいる生活が日常になっているかな。すばらしく、そしてありがたいことだ。

|

« コリアンダー(パクチー、香菜)の芽 | トップページ | 初アゲハ »

自閉症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/59881436

この記事へのトラックバック一覧です: サービスエリアでのできごと:

« コリアンダー(パクチー、香菜)の芽 | トップページ | 初アゲハ »