« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

CPE Bach トリオソナタニ短調

Cpebtrd むかーし、古い音楽は昔の楽器で演奏したほうが良いという主張が実践され始めた頃、ブリュッヘンよりも前くらいに、フランツ・フェスターFl ヤープ・シュレーダーVn ヴェロニカ・ハンペGmb アンネッケ・ウィッテンポッシュCmbがバッハの音楽の捧げもののトリオソナタと、この、エマニュエルバッハのトリオソナタを録音していて、音楽の捧げもののほうは、服部幸三さんがたびたび取り上げていた。その響きがすばらしくて、それでバロック音楽や古楽に目覚めたのだ。
 LPの裏はなんなのだろう?と思っていたのをニフティで教えてもらったのがこの曲で、NHKのバロック音楽の楽しみにリクエストはがきを出して、読んでもらった。(!)裏がかからなかったのはどうやらLPに大きな傷があったかららしい、傷がありますと言いながらかけてくれた。いまもそのエアチェックはiTunesに入れてある。
 曲はなんとJFCの安い楽譜が出ている。何度かやったことがあるが、本当に美しいメロディーで、演奏してくれた人たちはみんな気に入ってくれるのだ。すばらしい。低音がまたとても易しい!初心者向き。この曲は上のメロディーのからみを聴く曲なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カボチャ

2015826kbj 実家で取れたカボチャ。やや小さいか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

HD購入

2015825hd 何日か前にHDが壊れた。バックアップ用だったから、データは別にある。問題ない。しかし、怖い。新たに買って来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五十肩その後、ブルックナー

Brucksc 五十肩はだいぶ良くなったと言うか、これは「寛解」か、、、完全に開かない。痛くはないが暑いからかもしれない。痛くないがゴキゴキする。
 チェロはだいぶ弾けるようだ。今日は1時間くらい弾いた。冬に「ロマンティック」なのだ。弾けるはずのないところもたくさんあるが、せっかくこうしてチェロに触らない時間ができたので、1から見直し、をしよう。練習はするが、本番のためのごまかしはもう少し後にしよう。ともかく変ホ長調、へんホ短調の音階とアルペジオでもやろうか。(今日は全然やらなかった、スコア見てCD聴いた。寝そうになったσ(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皿洗いは洗剤溶液を作ってから

 皿洗いする時、みんなスポンジに洗剤を1滴、あるいはどぼどぼかけて、くしゅくしゅして泡立て、皿を洗っているんじゃないか。?何回も洗剤を追加して。
 それはじつは良くない(経済的ですらない)のではないか、と気づいた。
 1〜2Lの水を洗い桶にためて2、3滴の洗剤で泡立て、それで洗うほうが良い。洗うこと、特に油を落とすことは、油を洗剤(界面活性剤)を利用して溶かす(正確に「分散」する)なのだ。断じて洗うこと=泡だらけにすることではない。油汚れを水の中に分散するにはある程度の水の量が必要なのだ。だから、まず、ティッシュペイパーでも何でもいいから、油をこそげとる。それは必要ないことも多いはず。そしてさっきの1〜2Lの洗剤溶液で洗う。洗い桶の中で洗い、外(シンク)の中に出して置く。全部洗ったら流水で洗剤(と油が分散している水、さらにくっついている分だからごくわずか)を洗い落とす。これが洗剤の使用量も少ない、よりよく汚れを落とす方法だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

囲碁の手合い割

2015819gou 昨日はひとつ上の級のロボットと対戦。つぶしてしまった。(左上を全部捕獲)この間もこいつには勝った。相手はこんな級じゃないと思うんだがなあ。でも相性の問題だと思う。
 実はネットで対戦するほとんどの相手と、手合い違い(ハンディキャップが不適当)だと思う。
 碁のプロでも世界標準の段級位を決められる、それが早急に求められる、と考えている人がいるようだが、世界標準の段級位なんてものは原理的にできるはずはないのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚くほど似ている:太平洋戦争と原発政策

 たぶんおおむね、明治維新を成し遂げた志士たちは、日本を、アヘン戦争でむちゃくちゃにされた中国のようにしてはならない、という気持ちだったのだと思う。でもまあ、秀吉だって朝鮮に出兵し、西郷が征韓論を唱え、ともかくアジアの中で傲慢だった。日清日露戦争の頃にはもう「欧米がやってるんだから、日本もやってなにが悪い」と今の中国のように力をもってまわり中を支配しようと思っていたのだきっと。
 対米戦争を始めたときにはもう、こんなのうまく行かないとわかっていたのに、それでもやめられなかった。
 安倍晋三はじめ極右のやつらはみんな、日本は悪くなかった、従軍慰安婦は公的なものじゃない、と(たぶん本気で)思っているらしい。だが、公式な記録があろうがなかろうが(終戦直後に,まずそうな記録はみんな大急ぎで破棄したという証言が星の数ほどある)、星の数ほどある体験談、証言は、軍があるいはそのまわりが、とんでもなく悪いやつらになっていたと明らかにしている。女も子どもも、弱い者はみんなしいたげられ、ほんの一部は甘い汁を吸っていた。

 原子力もあるいは原子爆弾だって、もちろん最初の最初は科学的大発見だし、それが人類の幸福になると信じていたのだと思う。鉄腕アトムが原子力なのもその象徴だ。だが、もう、あっという間に、こんな技術は使いこなせるわけがないとわかったのだ。事故のリスクが大きすぎる。廃棄物の処理の技術がまだできていない。それでもやめられない。こんな大きな事故が起こってもやめられない。かかわった政治家も官僚も電力会社の経営陣もまったく責任を取らず、甘い汁を吸い、被災した当事者がみんな苦しんでいる。

 戦争も、原発も、また安保法案=戦争法案も、みな、支えているのが、下から2番目なのだ。村や町の自治会長だったり、憲兵だったり、下士官だったり、あるいは下っ端地方議員。
 原発の誘致に賛成し、金がもらえるからいいじゃないか、俺たちの孫の代がどうなってるか知らないけどさ、と言っている自治会長のヴィデオを見て、本当に殺意を覚えたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋虫追加(アゲハ)

2015816agh


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バターナッツカボチャ

2015816bnt 同僚がバターナッツカボチャをくれた。ちょっとねっとりしているもので、勧められるままにポタージュと、それから、オーブンで他の野菜と、卵と焼いたものを食べた。最近はいろいろなものを日本にいるままに食べられて本当にありがたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍の戦後70年談話のひどさ

 安倍総理の戦後70年談話を聞いてしまった。あきれかえった。
 これほど空虚な、内容のない、無責任な「お詫び」があるだろうか。いや、まったくわびていない。ぜひ原典にあたるべきだ。(http://www.sankei.com/politics/print/150814/plt1508140016-c.html)
 NHKがむちゃくちゃひどい。事実をねじ曲げている。「侵略」も「植民地支配」も「反省」も「謝罪」も全部、単語としては談話の中では使ったけれども、全てに「日本」や「私」という主語は無し。全然「日本が植民地支配をした」「日本の植民地支配をお詫びする」とは言っていない。他もすべて同じ。まったくあやまっていないし、反省もしていないし、他人事の言い回しになっている。本文(原典)にあたればあきらか。
 そういえば、安倍は歴史修正主義者と言われているらしい。歴史修正主義者って言葉があるの?修正ってどう考えてもおかしい。事実をねじ曲げる者と言うべきだ。

 たとえば、侵略した、とはっきり言わず、はっきりわびないということと、原発事故の責任をとらない、ということとは、はっきり直接的に結びついていると思う。
 たとえば、従軍慰安婦問題も、公式文書は残っていなくても直接間接的に軍が関与したことは明らかだ。それをはっきりわびることができない。そういうことと、たとえば多くの公害被害者に対する不当な扱いとは、直接的に結びついていると思う。
 安倍や、周辺の政治家、官僚は人民(一般の市民)の敵だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋虫×3

2015808kms1


2015808kms2


2015808kms3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

征(シチョウ)知らずに碁を打つな

20158111go たまにはネットで碁を打つのだが、こんなへぼ碁でも面白いのだからたいしたものだ。
 まあ、いつもザル碁なのだが、□で取れているのが読めたからまあいいか、と思ったのだが、△は利くしかない。そうしたら取れないじゃないか。まあ、こんなもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「通奏低音弾きの言葉では…」鈴木秀美

2015810ssk
 ツイッターで知ったのだが、鈴木秀美の連載がとても面白い。(こちら
 音楽家に限らず、一番好きな文章は岩城裕之なのだが、鈴木秀美の文章もとても面白い。音楽家に限らず、音楽をほんの少しでも知っていれば、この面白さをわかってもらえると思うのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

差音のこと

 差音については、もう、はるか昔、都留古楽音楽祭の第1回サマースクールに参加して、初めて教えられた。ヤマハの注文製作だと言うルネッサンスリコーダーの純正の響きに感動したものだ。差音を聴いてそれで音を合わせる、というところまではいかなかったが、差音を聴き、長三度を狭めることを知った。プラスチックのリコーダーだって、三度をすごーく狭めないと気持ち悪くってしょうがない。
 差音についてのwikiはろくなことが書いてない。本村睦幸のリコーダー日記にいろいろ書いてあるが、倍音列のこととのからみで書いてあるだけで、原理的なことではない。「和音と差音について」に数学的な言及があるが、残念、図がsinカーブで作ってある。音の合成は山と山が足されるので、cosカーブであるべきなのだ。
 三角関数をつかって数学的に考えたり、記述したいのだが、すみません、高校数学もすっかり忘れてしまった、いや、ちゃんと身に付けなかった、かな、僕にはできない。

 macのgrapherを使って合成波を描いてみた。

20158085do_2

 実線と青の和音が赤い線で、最初が5度上(周波数で2:3)を合成した和音の波形だ。この合成音(和音、赤)のピークに注目するとその幅が実線(基音)の2倍になっていて、つまり波長が2倍、周波数が1/2なのでつまりこれを1オクターブ下の音として耳がとらえるのだろう。

20158083do

2番目は長三度上(周波数で4:5)との和音で、基音の2オクターブ下が鳴る。

パイプオルガンの中で、節約のため、差音を使った低音を使うものがあると聞いて、びっくりした。本当か?すごいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンカーテンの内側から

2015804asa_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜日は生ゴミ

2015803men 毎日毎日暑い。月曜日は生ゴミの日なので、臭くなりそうなものは今日食べるのだ。うまかった。
 昨日は川越の戦争法案反対デモに親子三人で参加した。しりあいのSさん(Vn)を見かけたような気がしたのだが、あっというまに通り過ぎてしまった。
 入院している母は明日退院することになった。今日もバタバタしていて、ろくなことをしていない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gavotte en Rondeau

Bach1006_3 
 バッハの無伴奏ヴァオイオリンソナタとパルティータの中で、最初に取り組んだのがこの曲だと思う。名曲だ。練習していて楽しい。ヴァイオリンなんて弾けなくても、笛があるんだから、大丈夫。笛が吹けてほんとにうれしい。

 でもチェロも弾きだした。五十肩はだいぶ回復しているようだ。これもうれしい。
 昨日は何年ぶりかでバドミントンもできた。ちょっと筋肉痛だ。
 8月だ。毎日暑い。明日は川越でおこなわれるデモに参加しようと話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »