« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

定期終わる

 昨日、定期演奏会が終わった。いつものとおり、大きな事故はなく、小さな事故は限りなく。
 個人的にも、まあ少しは練習の成果も出たし、うまく行かなかったところも。
 大失敗だったのは、舞台セッティングの日に軍手を持って行かなかった事だ。玄関まで出しておいたのに。おかげで、山台を運んでいるときに手に大きなとげを刺してしまった。大騒ぎして抜いたのだが、7〜8mmもあった。みんな老眼で抜いてくれる人がいないのだ。まいった。実はまだちょっと痛い。

 今日はもう、日常に戻った。月曜日で、たなくじ。
2015y30tkj


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ語アリア集 ヘンデル

2015yhdl ヌリア・リアルのドイツアリア集。なかなか美しいが、カークビーのほうが好みだ。ちょっと粘っこすぎる。まあシロートのたわごとだ。でもオブリガートがヴァイオリンだけじゃなくてリコーダーらしいのもあって、心ひかれるなあ。こういうのもやってみたい。
 昔、ペープシュのリコーダーオブリガートのカンタータをやった事が忘れられない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベートーヴェン 交響曲第8番

Betcym83 今週末はもう所属の市民オケの定期なのである。困った事?だ。
 前プロはベートーヴェンの8番。
 3楽章のトリオ、チェロは終止3連譜のアルペジオなのだが、できやしない。まあ、あんまり聞こえないからいいけど。昨日気づいたのだが、弓を短く持つと「軽く」弾きやすい。別に指が回るようになるわけではないけれど。時間的には持ち替える時間はある。リハーサルでためしてみなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセルワーク

 TVでやっていたが、自動車の運転。急発進急停車はガソリンを無駄に食う。そのくらい知っていたが、発進、加速後、アクセルを急に離すと良くないとの事。「離してしまうとまた加速しないといけないでしょう」アドヴァイザーが言っていた。なるほど。離すのもゆっくりね。
 前回給油をした頃から意識しているのだが、寒くなって来たのに燃費が良いような気がする。まだ検証できたわけでもないし、完全に納得したわけでもないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射性廃棄物は東京電力が引き取れ

 NHKで、「安全な」(基準以下の)放射性廃棄物があちこちで埋め立てられなくて困っていると大騒ぎしている。
 安全だと言うなら、いまこそ、東京電力が引き取り、新旧経営陣はその安全な放射性廃棄物の上に家を建てて住めば良い。安全は俺が保障する。健康に「ただちに」問題になるようなレベルではない。いや、ほんと、マジで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弦張り替えた

 先週だったか、2年ぶりに弦を張り替えた。今回は音が変わったのがはっきりわかる。今年は左肩の五十肩でずいぶん弾けなかったのだっけ。弓の毛替えもしていないのだが、こちらも来年だな。この間、松脂のぬる量をずいぶん減らしたのだが、まだまだ問題ない。こんな事で良いのか、という気もするが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基本手筋事典

2015y14tsz 毎朝、トイレのお供(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夜中の太陽 米原万里

2015y16yhr 米原万里は若くして癌で死んだことになっているが、実は日本政府に暗殺されたのではないか。そんなふうに思ってしまうほど、するどい。特に日本の政治のひどさ、欺瞞をあばいていて、今読んでも非常にうなずかされるし、価値を失っていない。時に予言者じゃないかと思えるほどだ。実にわかりやすく書いてある。政府ではないかもしれないが、ばかな個人あるいはグループが米原万里にポロニウムを「もっていた」としてもおかしくない、いやほんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015y15dra 6月に倒れてというか、1日動けないでいるところを救急車で運ばれて入院した母は、この水曜日に老人保健施設に入所した。入所したと言っても3ヶ月をめどに、リハビリして、自宅に帰り自立する事をめざす。短期入所していた特別養護老人ホームは何もする事がないためだろう、しびれにしか意識がむかず、しびれをどうにかしろと、日に何度も何度もぼくに電話して来て閉口した。少しは体力も回復して来たし、そういうタイミングで老人保健施設に移動できたのはよかったのだろう。リハビリはつらいだろうとおどされていたのだが、いまのところ意欲的にやっているようだ、ありがたい。食事も前よりずっと良い、とのこと。
 母を見ていると、あたりまえだが体力はとても重要だ。脳も体に支えられているのと実感する。体力が落ちるとボケて来る。筋力を落とさないようにしないといけない。
 ためしてガッテンスタミナ(体力)作りは続けている。画期的という感じではないが、前より夜に少しは活動できたり、こうして休日も早起きしてもなんとかなっている。トレーニングは仕事でも趣味でもない。プロテインやら、週に4回が良いとか、そんな事知らん。日常、仕事の合間に1分間のインターバルトレーニングはすばらしい。それでも意識していないと、4,5分すらやらない日もある。意識したり、記録する事(これもためしてガッテンだ)は大切ね。

 皇帝ダリア。気づくと近所に何件も植えてある家がある。写真のは4mくらいあるんじゃないか。すばらしくでかい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇帝ダリア咲く

2015y14dra Vn教室のH先生からもらった皇帝ダリアが咲いた。立派だ。でもうちの土が悪いのか、あまり大きくなっていない。小振りだ。小振りだから長いこと咲いてくれるといいのだけれど。
 近所にも咲いているのがあって、こちらはすばらしくでかい。3mくらいあると思う。やっぱり土だと思うなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイかまぼこ

2015y10tai 慶事もあり、妻の田舎からタイかまぼこをもらった。北陸はかまぼこが派手だ。まだ食べてない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も雨

 今日も雨らしい。この時期は昼間も暖房しないし、とても寒い。ヒートテックを愛用している。
 今日は休みを取って母の通院、明日は老健への入所でまた休みを取らなきゃいけない。なかなかハードだ。仕事ができん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はバザー

 妻の父の通夜、葬儀が終わって帰って来た。
 今日は次女の作業所のやっているバザー。雨の予報で、とても心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィヴァルディ 調和の霊感から11番

Viv311 ロマンティックはそりゃあ弾けなくってもいいけれど、Vn教室のH先生に頼まれた調和の霊感のほうはそういうわけにはいかない。ちゃんと歯切れよくすべて弾けなきゃあなあと思いながら練習しているのだが、これはこれで難しい。うまくできるかまだ自信がない。
 ファクシミリはとてもきれいなのだが、加線がつながってるのが見にくい。昔はいろいろな音部記号(ト音記号、ヘ音記号、ハ音記号などが、上下に移動していたりする)が使われていたし、きっと相対音程で感じていたんだろうなあ。少なくともぼくは直感的に加線2本がeなどと感じているので、加線がつながっていると、どこからが加線で何本なのかわからなくなって困るのだ。いいかげん、練習しているのだから、おぼえろよと言われるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルックナー ロマンティック 4楽章 336

 定期でロマンティックを弾く。いや弾いたふりか。
 ともかくあちこち弾けないのだが、アマチュアの常だろう。弾けないんだけどまあ練習はしなきゃ。ごまかしの練習という意味でも。
Bruck4_4_336 それにしてもこの、4楽章の336小節目からはいったいどうやりゃあいいんだ?弾いてるひといるのか、と思ってしまう。アンダンテだって弾けない。
 下のGisを親指で取って、213、、、とやって、次の小節は半音ずつあげる( f はそのまま!)、かい?まあぼくには弾けない。うまく霞まなきゃ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりとめのない、葬式の話

 叔父、妻の父と続けてなくなったが、父が亡くなったのは2003年のことで、HPもこのブログも開設する前だったらしい。そういえば祖母が亡くなったのは1996年のことか。
 祖母が死んだときは自宅で葬儀だった。そのときははるか昔パソコン通信の頃で、ニフテイサーブの現代文化フォーラムに葬儀のことを投稿(数回に渡って連載)したのだが、あれはどこかネット上に残っているのだろうか?そのうちどこかにアップロードして、世に残しておこうかなあ。
 そういえばさらに昔、小学生の時同級生の父が亡くなって、小学生のときに親が亡くなるって、ただかわいそうだという感じしかなかった。授業中に一人呼び出されて、父親の死を知らされたのだろう、泣き叫ぶ同級生の声がまだ耳に残っている。
 たしか、そのときは土葬で、近所の男どもが棺を担いで行ったのじゃなかったか、非常にうっすらとした記憶がある。
 叔父は時宗、うちは天台宗、去年亡くなった叔母の連れ合いはカトリックだったが、妻の父は浄土真宗。面白いと言ったら怒られるか。なんだか仏教はほとんど宗教の名に値するような精神的な支柱にはなっていない。念仏はまったく理解できないし、宗派の違いもほとんど意識できない。今回は遺体に刃物は抱かせていなくて、浄土真宗はそうしないのだとのこと。
 叔父は活発なひとで、70をすぎても社会的な活動範囲が広く、弔問客も200人以上もいたようだが、義父はひっそりとしたものになりそうだ。
 自分たちのときはどうなることやら、何もなくて良い、と妻はいうが、いつ死ぬかにもよるだろう、今死ねばたいへんな数の知り合いが来てくれるかもしれないが、歳とってくればだんだんしぼんで行くのだろう。それが悪いことでもなかろう。早く死ねば多くのひとに心をとめてもらえるだろうが、最後まで生き残ったら誰も知らないかもしれない。不老不死の映画が話題になってるらしい。ポーの一族とはちょっと違うらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族葬

2015y02 妻の父が亡くなった。いろいろたいへんだ。家族葬にして、地方にいる親族すら呼ばない、こじんまりしたものになりそうだ。それでもいろいろあり、バタバタしている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »