« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

あきれかえった「相次ぐ擁護論」

2016128 あまりが大臣を辞めるそうだ。大臣だけか。政治家をやめろ。やめるのは当然だと思うが、自民党内には擁護論がうずまき、はめられたと多くが言っているようだ。だれが言っているんだ、言っているやつらは全員議員辞職すべきだと思う。あきれかえった状況だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第九終わる

 昨日第九だった。いつものように小さな傷は限りない。まあ、いつものこととは言え、本番だけできなかった所が何カ所か。悔やまれる。また機会があればのってみないなあ。
 つぎは田園だ。→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベートーヴェン 第九

Beth9_1a 第九は1楽章が良いとかってに思っている。
 年末のNHKパーヴォ・ヤルヴィは、ベートーヴェンはちゃんと指示している、四分音符=88だと強調していたけれど、そんなに速いわけねーよなあ。
 最初の6連譜が難しい。18小節め、最後も変わらず32分音符なので「出」はやや早くなるイメージなのだが、まわりと完全に一致していないような気がするんだよなあ。難しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第九 雪?

 週末は第九なのだ。第九は一度もやった事ない。えー、そうなの?と驚かれるが、いままでそんなにいい曲だと思った事がなかった。すみません。生で聞いて、こんなにいい曲かと思った。50数年、なにしてたんだろ?この歳にしてあらたに第九のすばらしさがわかってありがたいことだ。(?)
 雪が心配だ。スタッドレスにして安心して運転できるのは幸福だ。今日も寒そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤ交換

2016117flw こんばんは雨から雪に変わるかもしれないと言っている。タイヤを交換した。スタッドレスは昨シーズン購入したんだった。重くてまいった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シックハルト フルートソナタニ短調 作品17-2

Schk172 ゼンオンリコーダーピースでシックハルトのフルートソナタニ短調 作品17-2が出ていた。今はIMSLPで手に入るようだ。
 ちょっと変わったメロディーで面白く、楽しめた。他の曲も吹きたくなった。ニ短調だがフラットなしで書いてある。フルートソナタとあるが、オリジナルが、リコーダーソナタらしい。他の曲も吹いてみて確かめないといけないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狩りの音楽

 狩りの音楽と言えばホルンだというのが、クラシックの常識だろう。なにを狩るんだろう?
 一番始めに頭に浮かんだのはきつねで、同時に中島みゆきのキツネ狩りの歌が浮かんで来たけれど、関係ない。関係ないけど、中島みゆき自身が、当時「アレンジャーにこのキツネ狩りって、日本のですか、西洋のですか、と聞かれちゃってさあ、もちろんあっちのほうなんだけれど、」というのをオールナイトニッポンで言っていたのを聞いている。
 知り合いに聞いてみたら、うさぎ?、とか、鹿かなあなどと言っていて、なるほど。
 ネットで検索してみた。「西洋で狩りと言えば」そうしたら、「魔女狩り」ばっかりでて来た。うーん σー_ー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車用ライト

2016108lit 自転車用にライトを買った。電池はボタン電池を3個も使うが、点滅させて140時間とか書いてあって、他のやつよりだいぶ良さそうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラベルソ口

2016106bch ひさしぶりにトラベルソを10日ほど吹かなかった。全然吹けないんじゃないかと思ったが、そんな事なかった。もともと日に5分くらいしか吹いてない。もっとも人に聞かせるレベルにはまったくない。曲はバッハの1034。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシアは今日も荒れ模様 米原万里

2016105yhr 米原万里は面白い。これも期待にたがわず、とても面白かった。ロシアジョークもいいが、政治状況に関する見解は、古くなったとは言え、今でも価値を失っていないと思う。

 ジョークをそのまま書いてもいいのだろうか?著作権があるとも思えないのだが。
 たくさんあってどれもおもしろのだが、酒飲みの奥さんがついに「いったい、わたしとウォトカとどっちをとるの?」と言ったら、旦那が「その、ウォトカは何本なんだ?」と言った、なんてのは秀逸だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出

2016101hd あけましておめでとうございます。(喪中らしいけれど)
 6時に起きて、古楽の楽しみ。とちゅうで放り出して、近くの河っぺりまで初日の出を見に行って来た。歩道橋の上とか、橋とかちょっと高い所に人だかりでびっくりした。一番高そうな橋の上には30人くらいいた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »