« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

運転が下手なやつが多すぎる

 日頃自動車を運転していて、あるいは自転車に乗ったり歩いたりしていて、ともかく運転の下手なのが多すぎる。
 運転のうまい下手はべつにスピードが出せるとか、そう言うこととはまったく関係ない。車線をきちんと守れないやつがすごく多い。右折でも左折でも切り込んで来る。やっと2車線の細い道、左カーブで対向車線が切り込んで来る。左カーブで脱輪している。あきれかえる。この道でこのカーブなら40km/hは出せないはずなのだ。こういうやつらのことをへたくそと言うのだ。
 細い道の一時停止で停止線を守れない。ぎりぎりまでスピードを落とさないから、自転車や歩行者を恐れさせるのだ。
 自転車もひどい。自転車は左側通行なのだ。小学校、あるいは国民学校、尋常小学校でで習わなかったのか?法規を守らないやつはうちにいて一歩も出るな。交差点でそんなギリギリまで出て来るな。邪魔でしょうがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

starwalk

2016419stw_2 スマホ(イオンモバイル、富士通arrows M01)を使い始めて1ヶ月。ろくに使ってないが、まあまあ使える。使いにくい。電話は高いし、QRコードは読めないし、とこかく気に入らない。しょうがない。イオンのサイトに行ってもまだ使用明細が出てこないってのはいったいどういうことなんだ。
 星座表というのをインストールして、それはまあそれで楽しいのだが、ちゃんと見ている空、方向の星がどれだかわりゃあしない。地面を向けたら南十字星が見たい。教えられて、StarWalkというのを入れてみた。いろいろ見ると2 Freeというのがある。ちゃんと南十字星も見えるし、昼間なら太陽も見えるし、すばらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

累進資本税を!

 非常に単純化して言えば、駄菓子屋のおばちゃん(じゃなくてもいいけど)が1000人に10円の駄菓子を売っても1万円、もうけは1000円もないかも。
 一方1億円の伝票を書くだけで3000万のもうけということもある。だから累進課税、累進資産税こそが平等なのだ。消費税は原理的に不平等。

 (これはけっしてシロート考えではない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

価値観の激変

 よのなかすべて変わったと言うことは、、、と圓生がよくまくらで言っていたが、それにしてもあきれかえることばかりだ。
 ラジオを聞いていたら「まあ!おとうさんとおかあさんもなんとか(ってのはなんと!パチンコ屋なのだ!)で知り合ったのよ」とコマーシャルで言っている。自分の娘に自分たちはパチンコ屋で知り合った仲だと言える感覚、言ってもいいと思ってるということにあきれかえる。パチンコ屋に行くことはもちろん犯罪じゃあないが、普通の市民にとってちょっと後ろめたいくらいのことと思うのだが、いまや、そうでもないらしい。
 もっとすごいのは美容整形外科のコマーシャルだ。すごい。町行く美女なのかなあ、女に「しょうなんですか?」「しょうなんです」と、湘南美容クリニック(って、書いちゃったよ。でもいいだろう?べつに。)で整形したことを、自慢?させている。すごい。整形したことはそれこそ絶対秘密なことじゃないのかあ。ぼくには整形は顔からしてウソですと言ってることだと思うのだが。だいたい、町行く人の顔があそこで整形したってすぐわかる、それが否定的に語られないと言うことがすごい。整形してみなおなじようなあそこの整形顔になってるってことじゃないの?べつに否定するようなことじゃないと言っているということか。まったく世も末だ。
 今度は、東京新聞のコマーシャルで「本当のことを知りたいから東京新聞」。すごい。つまり他は本当のことが書いてないのだ。いや実際本当に東京新聞くらいしか本当のことが書いてない。NHKだってウソばかり(というか、取り上げるべきことはなんにも伝えてない)だ。まったく世も末だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザだったかも

 新年度だと言うのに、熱を出して寝込んだ。まいった。夜9時にもうどうしてもだるくて、寝て、朝起きたら微熱。一日グズグズしていた。さいわい休みだったので本当に一日グスグズしていた。せいぜい37.5℃だったのだが、どうにも何もできなかった。下痢はたいした事ないが、胃も痛く、だるい。翌日にはほぼ回復したが、同僚にカンピロバクターじゃないの?とじょうだんともつかないようなことを言われたが、そう言われると症状はそのものだ。カンピロの潜伏期間は長いと1週間だと言うのだ。このかん、なにか悪いもの(なま焼き肉?)食ったかなあ?だいぶ回復したが、100%じゃない、まいっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »