« 苦手図鑑 北大路 公子  | トップページ | 新作ヴィオラジョーク »

宇都宮けんじ氏の決断

 東京都知事選。はっきり言って都民じゃないしどうでもいい。全国放送で流すなと思う。それより参議院選挙の事を選挙前にほとんどまったく放送しなかったNHKは本当に国賊だと思う。
 東京の事など関係ないが。そうはいっても、オリンピックの事もあるし、関係ないとも言えない。困った状況だ。
宇都宮けんじ氏自身のツイート(7/12)「スキャンダルによる二度の都知事辞任、都民の都政不信を思えば、じっくりと政策論争や人物への評価を重ねての一本化、アメリカ大統領選挙のような進め方をすべきところですが、これでは拙速も拙速、いったい政策はどうなるのか、と思わざるを得ません。」
 どう考えても2回連続次点(は関係ないが)の宇都宮氏が適任。 ぜひとも非自民の都知事が良い。そのためには非自公統一候補にして欲しい。
 だが、鳥越氏と宇都宮氏は話し合いをしたあげく、宇都宮氏、立候補取りやめ表明「苦渋の決断」とのこと。ほんとに、苦渋の決断だろう。それでもこういうご時世だ、最善の決断だと思う。
 宇都宮氏のほうが鳥越氏よりよほど良いと思う。だが、なにしろ現在の自公が勝ってしまうような世の中、たとえば元アイドル大バカ女が当選してしまう世の中、政策なんてほとんど気にせず、公約が守られるかどうかも気にされない世の中なのだ。宇都宮氏を統一候補にできなかったのだろう。バカな話だ。
それでも非自公が勝つようにした決断=妥協。それが政治なのだろう。今の状況での最善なのだろうと思う。

|

« 苦手図鑑 北大路 公子  | トップページ | 新作ヴィオラジョーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/66493590

この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮けんじ氏の決断:

« 苦手図鑑 北大路 公子  | トップページ | 新作ヴィオラジョーク »