« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

星守る犬 村上たかし

2016830hmi 
 古本屋で108円だったので買った。映画になってるはず。映画どうなのかなあ。
 漫画は、読んでいて悲しくなった。気分が晴れないなあ。主人公?にしても、犬(のほうが主人公か?)にしても、幸福だったとは思えないなあ。中に書いてあるけれど、本当に小泉改革は最悪だったと思う。離婚は自業自得かもしれない、それでも熟年で離婚して、マンション売ってローン払ったらほとんど何も残らないなんておかしい。一戸建てでなくても、病気持ちでも、犬と普通に暮らせる社会でなくてはならないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正四面体パズルを作る

2016830pzl これが正四面体パズルの完成品。すごくいい加減だが台を作ったので安定している。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作パズル

 最近また知りあいにやらせて、評判のいいパズルを作ってみた。

 100円ショップでビー玉を買って来て接着剤でくっつけるだけ。

2016828pzl_2
 この4つを使って正四面体を作る。正四面体は三角形が4面になっているもので、ピラミッドとは違う。あれは底面が四角だが、正四面体は底も三角形なのだ。








2016bnd_3

 接着剤は今回、Vn教室のH先生に教えられてエポキシ系の2液性のものを使った。扱いがちょっと難しいが、とても良い。これも100円ショップで売っている。















2016828pzl2_2 最近知った別のも作ってみた。こちらはとても難しいが、これもすばらしい。
 ま、どちらにしても僕が考案したわけじゃないけどね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本会議の研究 菅野完

 日本会議の研究読み終えた。以下:メモ (wiki含む)
 日本会議の研究  http://amzn.to/240SnHU  安倍政権を支える「日本会議」の真の姿とは? 中核にはどのような思想があるのか?膨大な資料と関係者への取材により明らかになる「日本の保守圧力団体」の真の姿。
著者:菅野完という「谷口雅春の極右思想に心酔する民族派」(?)
「日本会議事務総長椛島有三」名義で「直ちに出版の差し止めを求める」旨の「申し入れ書」が扶桑社届きました。著者として「本丸だったんだ」と安堵すると同時にかかる言論弾圧に対し抗議します!
日本会議国会議員懇談会と日本会議地方議員連盟は日本会議の関連団体。
中枢は、生長の家の出身者 
事務総長の椛島有三のほか、政策委員の伊藤哲夫、高橋史朗、百地章
櫻井よしこ 
会長:田久保忠衛(2016年7月現在) 三好達(元最高裁判所長官、第3代 2001年 - 2015年)
事務総長:椛島有三[58](日本協議会(旧・日本青年協議会)会長、国家基本問題研究所事務局長 元全国学生自治体連絡協議会及び長崎大学学生協議会議長)
安東巌こそが、椛島有三や伊藤哲夫らを従え、彼らの運動を束ねる中心人物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バターナッツカボチャふたたび

2016816bnp_2

 同僚(正しい兼業農家)に今年ももらった。今年はオーブンで焼いた。おいしかったが、ポタージュのほうがうまいと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

治療に当たってはリスクの説明をきちんとしないといけない

 母の血尿が収まらないというので、今日、母を連れて泌尿器科へ。えらく待たされて、検査をしてまた待たされて、結局、検査しましょうということで、明後日検査、来週の月曜日に再診と言うことになった。今は夏休み中だが、月曜日は休みを改めて取らないといけない。まいるなあ。
 CTを取ります。CTにはこれこれの副作用が報告されています。これだけの確率でこういう副作用、これだけの確率でこれこれ、それからさらに死亡のリスクがあり、重い糖尿病、なんとかかんとか、それから何もしなくても死にそうな人、、、、と説明するので笑ってしまった。吾妻ひでおのように漫画にしたいが僕には絵が書けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アル中病棟 吾妻ひでお

2016815alc 吾妻ひでおのアル中病棟(失踪日記2)
 面白かったし、勉強になった。(^_^;)
 自己評価の低い人はパートナーにどうしようもないやつを選びがち。それはそいつを「支える」自分に対する自己愛。納得!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は通院

 昨日は一日母につきあって、通院。朝隣町の病院に行き診察券を出して、ショートステイであずかってもらっている老人保健施設に行って母を引き取り、病院へ。ペインクリニックは予約制で、しかも初診は予約できないとのことで、朝早く診察券を出して待っていたのだが、えらく待たされた。待たされたがペインクリニックの女医はなかなかすばらしく、ていねいに人の話を聞き、きちんと説明し、患者に納得させる診察だった。母は脊柱管狭窄だが、しびれを訴えてうるさい。しびれはとれないらしい。(たとえ手術をしても。)言っても聞かないのだが、あらためてはっきり言ってもらってありがたかった。また言い出すだろうけれど。ペインクリニックなのだが、痛み止めは減らされた。(その説明もちゃんとしていて、納得)
 その後リハビリの指導があり、内科へ。こちらの医者は典型的な傲慢なヤブ医者で、人のいう事は聞かず、かってなことを言い、責任逃れをし、挙げ句の果てに患者のせいにし、説教しようとし、他の科の医者にたらい回しをした。外科にかからされて、予想した通り問題なし。泌尿器科にかかったほうが良いと思われるのだが、どうしようか、、、今日はペインクリニックだったが、そう言うわけで収まったらしいが、腸ではないらしい出血、自己免疫性肝炎(ほぼ完治?)のその後、白内障のこと、いろいろあってどこから手を付ければ良いのかわかりゃあしない。そう言えば、自分も「飼っている」ポリープのこともあるし、胃カメラを飲む時期だなあ。どうしよう。
 病院を出たのは13過ぎ。昼を食べて、お盆だと騒ぐ母の言う通り、安くもない花を買って、墓に行き掃除して花を生けて、帰って来、一休みしたらケア会議。まあ、埒もない会議だがしょうがない。レンタルの手すり、月に2000円もとるなんて高すぎる。
 広いわけではないが畑は荒れ放題。桑が自然に生えているのをめざとく見つけ、抜かないとどうしょうもない、と母が言うので、引っこ抜き、放って来た。疲れたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正四面体パズル

2016811pzl 
 安いパズルを発見してうれしく買ったのだが、なんだよ、精度が悪くちゃんと正四面体にならない。直角三角形が直角三角形になってないじゃないか。
 これじゃあ人にやらせることができない。初めて、先入観なくやってみたとき、これが正解と納得できないと思うのだ。中国製はだめだなあ。(そんなこと書いちゃいけない?そんなことないよね)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネオ寄生獣

2016806neo ネオ寄生獣がとても面白かった。もちろん名作「寄生獣」はほんとうにすばらしい作品なのだが、このトリビュート(?)作品集は、寄生獣に対する愛があふれていて、読んでいてうれしくなってしまう。ちょっとエロが多すぎるし、同人誌のようだけど。萩尾望都のは本当にすばらしい作品だ。ネオ寄生獣じゃなくて、寄生獣インスパイアードかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶりに東京に

2016731asg ひさしぶりに東京に行った。本当に東京に行く必要がない。弓の毛換えの必要があり、それだって2年ぶりだ。しょうがないなあ。
 ついでに東急ハンズに行き、なにか面白い物がないかと思ったのだが、何もなし。まえはやさしいパズルとかが置いてあったのだが、、、
 ヤマハにも行ったが、楽譜は今やみんなIMSLPで用が足りてしまう。編曲物(ポップス)は著作権もあるし、まあいいか、1冊買って来た。
 ジュンク堂では漫画を数冊。楽しみだ。
 Vn教室のH先生にさそってもらって飲み会。楽しいひとときだった。
 テレマンのトラベルソとリコーダーの協奏曲の話が出た。もしかしたらやらせてもらう機会があるかも。たとえ遊びでもこういうのができる機会というのは本当に貴重だ。さっそく楽譜を引っ張りだして(吉澤実のコンチェルトスタディにもちろん載っている。)吹きはじめた。さすがにコンチェルトなので(もちろんテンポによるのだが)難しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も飲み会

2016724ros 僕としてはとても珍しく、飲み会が続いている。この2週間くらいで6回目だ。どれも、付き合いで出なければならない、というものではなく、楽しみだ。ありがたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »