« アル中病棟 吾妻ひでお | トップページ | バターナッツカボチャふたたび »

治療に当たってはリスクの説明をきちんとしないといけない

 母の血尿が収まらないというので、今日、母を連れて泌尿器科へ。えらく待たされて、検査をしてまた待たされて、結局、検査しましょうということで、明後日検査、来週の月曜日に再診と言うことになった。今は夏休み中だが、月曜日は休みを改めて取らないといけない。まいるなあ。
 CTを取ります。CTにはこれこれの副作用が報告されています。これだけの確率でこういう副作用、これだけの確率でこれこれ、それからさらに死亡のリスクがあり、重い糖尿病、なんとかかんとか、それから何もしなくても死にそうな人、、、、と説明するので笑ってしまった。吾妻ひでおのように漫画にしたいが僕には絵が書けない。

|

« アル中病棟 吾妻ひでお | トップページ | バターナッツカボチャふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/67018059

この記事へのトラックバック一覧です: 治療に当たってはリスクの説明をきちんとしないといけない:

« アル中病棟 吾妻ひでお | トップページ | バターナッツカボチャふたたび »