« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

大晦日

 妻はおせち作り。次女と二人でスーパーで弁当買って帰って来た。栗きんとん作りを手伝い(?)、昼寝し、母の病院へ。車椅子にしばられている。ベッドに行けないんだよ、まだ立てないんだ、ベッドが高すぎる、足台を考えてくれ。看護師にたのめば移してくれるよ、でも今寝ちゃうと夜寝られないから、体を起こしておいた方がいいんだよ。ナースはなーーんにもやってくれない。と、ボケてる。まいる。帰りに実家に寄り、すこし柿を剪定し、猫にえさをやり、帰って来た。夕飯食って、子どもはもう寝に行き、紅白は妻が見なくてはならないらしいが、なーーんにも面白くない。ことしもいろいろあったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代っ子

 年末で、娘が一時帰って来た。無線ルータを買い替えたと言ったら、ルータの裏を見て、勝手に接続してた。さすが現代っ子。
 だが、部屋のテレビのアンテナをBSにつないでいたのは気づかず、地上波が見えないと大騒ぎ。アナログはダメらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月29日

 そういえば、初めて第九を演奏したのは今年の1月の事だったのだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塔婆を燃やす

 実家に行って少し片付けをしてきた。そのひとつが塔婆(うちでは卒塔婆と言わず必ず塔婆とうば)を燃やす事。やっと処分できて良かった。
 帰って来て報告したら、えー、そんな事していいの?罰が当たるんじゃないのと妻が言う。なに言ってるんだ。墓守(はかもり)の婆さんははるか昔に亡くなり、自治会だかなんだかが、前は処分してくれたが、いまじゃあそれもしてくれず、各自処分しろと言うのだ。どうすりゃあ良いんだ?可燃ゴミの日に出すのか?燃やすしかないだろう。たき火は限定的に許されているのだ。でもまわりのうちはどうしているんだろう?まあいいや、燃やしてきた。安もんと言うかよくもえる木で、ほとんどあとかたもなく燃えた。すっきりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AR 山 1000

2016z28yama スマホに「AR 山 1000」というのをインストールした。
 GPSで自分の居場所をさらさなければならないが、そこから見える山の名前を表示するというものだ。日本の山1000個分の名前が登録されているらしく、地図の情報から示すようになっているらしい。あいにくここんところ山が見えるような天気でなく、使えないでいる。スマホをかざした方向の山の名前は確かにあっちにはこの山があるはずだ、というのはわかる。(でも富士山が出てこないのは、遠すぎるからなのか、まあ、富士山出てこなくたって良いけどさ。)
 困った事に老眼で、山を見て手元のスマホを見るのが難しいのだ。手にはスマホだし、メガネをあれこれも難しい。まいったもんだよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクのせいでネットにつながらなくなった

 21日夕方、急にネットにつながらなくなった。たいした事ないだろう、PCか、ルータか、再起動でもすりゃあ直ると思ったがダメ、時間が経てば大丈夫かと思ったがダメ、結局電話サポートに電話し、これがまたなかなかつながらない。昨日22日の夜になってやっと電話がつながり、やっと回復した。頭に来た。
 10月末にフレッツ光からソフトバンクに変えた。(安くなると聞いたから変えたのに高くなっている、これもふざけている)
 NTTの光ユニット(光ファイバー?の情報を、テレビ、電話、インタネット、すべてのルータ(というのか?))を使い回して、こちらは特に何もせず(接続先を設定しなおしたかな)、快適に使えていたのだが、電話サポートによると、それがしばらくすると突然動かなくなる事があるらしい、設定をしなおせと言う。なんだよ、動かなくなる事があると言うなら、ちゃんとそれを書いておくべきだし、設定し直しの方法もでっかく書いておくべきじゃないか。頭に来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

囲碁クエスト

2016z21goque NHKで取り上げられていた囲碁クエストをインストールしてみた。もう2、30局打ったろうか。9路だとすぐ終わって良い。だんだんコツもわかってきた。アプリの紹介のところにも書いてある三村智保 九段のサイトがとても参考になっている。でもそれ以上にというか、それ以前の話として、9路盤も碁なのだ、碁の筋がとても大切ね。あたりまえか。
 ともかくおもしろがって入れてからここ2、3日、何局も打っている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲み会

 昨夜は飲み会だった。まだちょっと調子悪い。調子に乗りすぎたか。
 いろいろ微妙な話ができてとてもよかった。知らない情報も聞けた。(いかん、もういくつか忘れていることがあるみたいだぞ。)話をしないと通じないのだ。話をしなければいけないし、言うべきことは言わないといけないと思う。
 飲まないと話せない、というのも良くないことで、シラフでも話をしなければなあ。そういう意味では歳をとる事は良い事で、遠慮なくいろいろ言ってしまう事に躊躇がなくなってきた(というほどでもないが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだらぼけというべきか

 病院に行って食事の介護した。昨日は婦長から話を聞けた。非常に痛がっているらしい。機械で無理やり足を曲げ伸ばしするのが痛いらしく、この間はそれこそぎゃあぎゃあ痛い、はずせとわめいていたが、今日聞いたら自分ではずしてしまい、危ないので機械はやめた、とのこと。自分ではずせるようになったのは進歩かもしれない。もともと痛がるような人ではないのだが、と言うとバカにしたように笑われた。ちょっと不快だ。
 痛い痛いと、それだけしか頭にないから、ますます痛い。字が読み書きでき、本でも読めたら、携帯でメールが打てたら良いのだが、、、リハビリ頑張れとしか言いようがない。
 今日は何日だと聞いてもわからない。わかろうとしないのは、何でもかんでも「わからない」と言う次女のようだ。今日は12月8日、真珠湾攻撃の日だ、と言うと、隣と言うか向かいのベッドのおばあさんが聞きつけて、わたしは挺身隊だった、18だったと言う。1941年に18歳なら、今93歳だろうか、すごく元気で、かくしゃくたるものだ。このおばあさんが「そこのおとうさん」と僕に呼びかけ、「ちょっとこっち来てこのひも切ってよ。ベッドにしばりつけられてるのよ。看護師に言ってもとってくんないのよ。」と言うのだ。そりゃあとってくんないだろう、ぼけてる。さっきのしっかりしたやり取りはなんだったんだ。人間の脳ってどうなっているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クオ・ワディス

Quowa10z06 もうずいぶん前から読んでいるのだが、ちっとも進みゃあしない。面白くないわけではないのだが。
 ローマ時代を舞台にした小説。キリスト教目線?と言うべきか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

定期終わる

 昨日は古巣の定期
 いつものように、小さな事故は限りなく、大きな事故なく無事終えられた。
 隣の市でこの同じ日に第九なんかやりやがって、どうなるかと思ったが、とても多くのお客が来てくれて、とてもありがたかった。個人的には同僚のひとりが来てくれてとてもうれしかった。(あとから、もうひとりも、さらにはVn教室のH先生も!(6日追記))
本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »