« グリーグ ペールギュント組曲 | トップページ | 昔の医者通いの思い出 »

大風邪というか風邪の連荘

 不幸中の幸いどころじゃない。先週の月火と風邪で寝込んで、水曜日にはなんとか仕事に行き、木金土は快調というほどでもないが、普通に暮らした。それが日曜の昼飯を食ったくらいから、にわかにだるくなって、長い昼寝せずにはいられなかった。起きたら熱っぽい。日曜のオーケストラの練習は早退して、月曜はふうふう言って仕事に行き、2時間ほどどうしてもやらなければならないことをかたづけ、その後だってやらなければならないのだが、しょうがない早退し、火水木とさらに休んでしまった。ひどい。こんなに寝込んだのは初めてじゃないか。
 医者が言うには、いったん治って別のウィルスにかかったのではないか。(インフルエンザは陰性。)風邪のウィルスはインフルエンザじゃなくても、それこそいろいろあるんですよ。といいながらメモするのでどんな風邪ウィルスがあるのかと思ったら
ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーー
 と、ただ線を引いただけで「こう、いろいろあるんですよ」と言う。なんなんだよ。
 火曜にインフルは陰性だったのだが、熱が下がらないので木曜にも行ったら、普通は治るんですがねえ。なにか細菌に感染しているのでしょうと言って今度は漢方じゃなくて、抗生物質を出された。でもまあ、それは飲まずに、金曜には熱も下がったので、しょうがない。
 そういえば、昔、就職して初めての冬には大熱を出して、休んで3日目に同僚が電話をかけてきたっけ。仕事を辞めちゃうんじゃないかと思われたらしい。(後から聞いた。)なかなか大変な職場で、同期の一人はすでにそのときには、実際は仕事が嫌になったのではなく、家庭の事情かなんかで故郷(くに)に帰ると言って辞めてしまっていたのだ。
 寝込んで、たいした熱じゃなかったが、悪夢?も見たし、昔の嫌なことをひさしぶりに思い出したり、自分の闇を見た気がした。(というほどのこともないか。)

|

« グリーグ ペールギュント組曲 | トップページ | 昔の医者通いの思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/69568328

この記事へのトラックバック一覧です: 大風邪というか風邪の連荘:

« グリーグ ペールギュント組曲 | トップページ | 昔の医者通いの思い出 »