« 罠にはめられた | トップページ | 4月1日は安倍晋三の日 »

刀削麺の作り方

 刀削麺を作ってみた。刀削麺をうちで食うのはなかなか難しいだろうが、みな同じことを考えるらしくて検索するといろいろ出てくる。乾麺もあるらしいが、ちょっと違うだろうなあ。作り方を検索するとスープ(麻辣(マーラー)とか坦々(たんたん)とかあるいは甘酢とか)のことが書いてあるが、それは刀削麺とは関係ないだろう。
 そうじゃなくて刀削麺のあの食感、ラーメンでもうどんでも、ひもかわあるいはほうとうとも違うあのちょっとぺろぺろした食感が刀削麺の価値だと思う。
 本当の刀削麺の作り方も出てくるが、シロートには難しそうだなあ。うまく削れたとして、最後はどうするんだろう?プロじゃないんだから次の生地を足すということはできないだろうし、最後は手とか生地をくっつけてる木とか削っちまうんじゃないか。


2017329tsm1 


 思いついて作ってみた。斜めに切るのだ!普通に生地を作ってのばして、蛇腹に折って斜めに切ってみた。切り口がだんだん薄くなってあの食感が出るはず。
 アイディアは良かったのだが、生地はもっともっと薄くのばすべきだ。斜めに切るから厚くてもいいと思い込んだのが間違いだった。包丁も切れ味が悪かった。研がないといけない。なんかできそこないのすいとんみたいになってしまった。後から考えると、それならそれでできた麺を(手延べうどん?長寿麺?のように)引っ張って延ばせば良かった。(このばあいは「延ばす」じゃなくて「伸ばす」かな)

2017329tsm2


 スープも、スープじゃなくてあんかけのような濃厚なものをかけて食うのが本場だというので、少ないスープのあんを作ったのだが、これもいまいち。せめてもっと辛くするんだった。
 でもまずいわけではない。うまい。またそのうち作ってみたい。

|

« 罠にはめられた | トップページ | 4月1日は安倍晋三の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/70104980

この記事へのトラックバック一覧です: 刀削麺の作り方:

« 罠にはめられた | トップページ | 4月1日は安倍晋三の日 »