« うつうつひでお日記 その後 吾妻ひでお | トップページ | 印影:2017-18は2本 »

ジョスカン・デプレ こおろぎ 

Jdpr_lbl
 有名な声楽曲でリコーダー編曲は北御門文雄のルネサンス声楽曲に納められている。
 クレマンジャヌカンアンサンブルのが耳についてはなれない。いつものようにとても鮮やかで。
 youtubeでいろいろ聴けるが、大合唱なんてのもあるのね。でもね、大合唱になるとどうしても僕にはコオロギでなくカエルになってると思う。妙な感じでぼくにはとても滑稽に聞こえる。
 大合唱がカエルになっていることに気づいてしまうと、クレマンジャヌカンですら、声が張りすぎているように感じられる。リコーダーアンサンブルの方がコオロギっぽいかも。
 北御門の速度指定は2分音符=96なのだが、僕には遅すぎる。歌詞がない分もっと速くないと軽くないと思う。


|

« うつうつひでお日記 その後 吾妻ひでお | トップページ | 印影:2017-18は2本 »

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/70819596

この記事へのトラックバック一覧です: ジョスカン・デプレ こおろぎ :

« うつうつひでお日記 その後 吾妻ひでお | トップページ | 印影:2017-18は2本 »