パズル・ゲーム

同僚をスリザーリンクにハメる

 とても気の合う(と思っているのは僕の方だけかもしれないけれど)同僚が入院した。命に関わるような病気でないのでほんとに良かった。お見舞いにスリザーリンクとシャーペンと消しゴムを送ったのだが、ハマってくれた。やった! 嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正四面体パズルを作る

2016830pzl これが正四面体パズルの完成品。すごくいい加減だが台を作ったので安定している。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作パズル

 最近また知りあいにやらせて、評判のいいパズルを作ってみた。

 100円ショップでビー玉を買って来て接着剤でくっつけるだけ。

2016828pzl_2
 この4つを使って正四面体を作る。正四面体は三角形が4面になっているもので、ピラミッドとは違う。あれは底面が四角だが、正四面体は底も三角形なのだ。








2016bnd_3

 接着剤は今回、Vn教室のH先生に教えられてエポキシ系の2液性のものを使った。扱いがちょっと難しいが、とても良い。これも100円ショップで売っている。















2016828pzl2_2 最近知った別のも作ってみた。こちらはとても難しいが、これもすばらしい。
 ま、どちらにしても僕が考案したわけじゃないけどね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

正四面体パズル

2016811pzl 
 安いパズルを発見してうれしく買ったのだが、なんだよ、精度が悪くちゃんと正四面体にならない。直角三角形が直角三角形になってないじゃないか。
 これじゃあ人にやらせることができない。初めて、先入観なくやってみたとき、これが正解と納得できないと思うのだ。中国製はだめだなあ。(そんなこと書いちゃいけない?そんなことないよね)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

元素パズル

2013919genso  ひつじ通信 の夏木さんが考案したパズル教材を教えてもらった。

 おもしろがって、元素パズルを作ってみた。厚紙を使ったのでいい感じになった。パズル自体はごく簡単だが、ちょっと面白いし、人に話すとおもしろがってくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイコロ1000個

2013607dais  写真はサイコロ1000個。これで放射性物質のシミュレーションをするのだ。
 サイコロを振る。例えば1が出たサイコロを取り除く。(1/6が原子崩壊した。)残りを振る。また1が出たサイコロだけ取り除く。
 あたりまえだが、1/6ずつ原子崩壊したからと言って3回で半分になるわけではない。
 半減期は (5/6)のn乗 = 1/2 の n だから、電卓をたたくと3.8回だ。
 ためしに100個のサイコロでやってみたが、本当に約3.8回で半分に、また半分になるのだ。感心した。(あたりまえだ、感心することは全然ないのだが。)
 1000個でやるのが楽しみだ。
 それにしても、東京電力、政府自民党、安倍晋三の姿勢、行動にはヘドが出る。
 事故は収束していない。福島の原発の敷地はタンクで一杯だそうだ。安倍は原発を輸出し、放射性廃棄物は日本に持って帰ってくる約束をしたらしい。去年政府が実施した原発関係の「国民的議論」のやりとり(意見の9割近くが原発0%を支持)はHPが閲覧できないようになっているそうだ。(東京新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名刺ダイヤモンド(2)

Daya6_2
 炭素の腕を60°ねじりたい。
 簡単に言えば、結合部分の三角形を60°ねじるには、そこに正八面体を介せばいいのだ。正八面体の一つの面、三角形を正面に見ると向こう側は三角形が60°ズレている。(例えばhttp://www.weblio.jp/content/正八面体 を見てください。)
 それこそ、正八面体の「腕」を作って結合させればいいのかもしれないが、どうすりゃあ結合するんだ?
 いや、そんな難しいことを言わなくてもいい。要するに腕の三角形をつぶして△を▽にすればいい。

Daya7

Daya8

 難しく言えば?結合の腕そのものを正八面体にすればいいということだ。名刺を折る角度が60°。

Daya9

 これを結合(連結)させるとちゃんとねじれている。

Daya10

Daya11_2

 まだ10数個だが、結合させてみた。もう少し大きくしてみたいが、いちおうダイヤモンドっぽくなったろうか。まあまあの美しさで満足している。

Daya12

Daya13

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名刺ダイヤモンド(1)

名刺でメタンを作りフラーレンも作った。いろいろ見せて回って自慢していたのだが、同僚の一人が、それじゃあ、ダイヤモンドを作ってくださいよ、と言うのだ。

 困った。

Daya1Daya2

 ダイヤモンドはもちろん、炭素の4つの腕を他の炭素と全部結合すればいいのだから「名刺メタン」を「名刺炭素」と考えて連結すればいいのだけれど、このままではダイヤモンドはできない。腕の三角形をもう一方の三角形に無理矢理押し込んでしまえば連結できるが、そうすると結合している以外の腕が同じ位置に来てしまう。これではダイヤモンドにならない。

Daya3

 これを60°ねじって、こっちの3本の腕とあっちの腕をずらさないといけない。

Daya4_2

Daya5
どうすればいいだろう。腕に切り込みを入れて連結するのはどうだろうか?どうも美しくない(と思う)。作ってみる気もしなかった。
ヒントはネットで見つけた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名刺多面体

20125meisi 名刺でメタンとフラーレンを作っていたが、今度は正12面体(正5角形が12)と正20面体(正三角形が20)を作ってみた。なかなか美しくて満足している。
 よく見ると、正12面体のほうは、5角形が頂点と言うか、接点で3個接していて、逆に正20面体の方は3角形が5つ接している。この二つは相似(とは言わないらしい、双対と言う)らしい。面白い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フニャーレン C60 たれぱんだ

Photo フニャーレン、床におくとこんな感じ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧